ダクト工事コラム

スパイラルダクトとは? その種類と特長|岩元空調

さまざまな形状があるダクトの中でスパイラルダクトとは?

一口にダクトといってもその使用目的や使われる場所によってさまざまな形のものがあります。ダクトの形は大きく角ダクト、丸ダクト、フレキシブルダクトの3つに分けられますが、この3つの中でさらに材質や形状が細かく分かれています。今回はその中でも丸ダクト、特にスパイラルダクトの特徴について詳しくご紹介します。

丸ダクトと言えばスパイラルダクト

冒頭でダクトの形は角ダクト、丸ダクト、フレキシブルダクトの3つがあるとご説明しましたが、この中で丸ダクトとは一般的にスパイラルダクトのことを指します。オーバルダクトという楕円形のダクトもありますが、いわゆる丸い円柱状のダクトは、スパイラルダクトのことです。

スパイラルダクトは幅75~150mm、厚さ0.4~1.0mmの帯鋼をダクトにらせん状に巻き、両端をハゼ折に重ね合わせ保持固定させたものです。重ね合わせ部分は4枚の帯鋼が重なっていることによってパイプの強度を高めています。ダクト自体の材質は主に亜鉛鉄板が使われていますが、ステンレスや塩ビライニング鋼板を材質としたスパイラルダクトもあります。

スパイラルダクトはその強度の高さから用途も幅広く、集合住宅の厨房、浴室やトイレの換気、冷暖房用のダクト。オフィスや店舗ビルのダクトのほか、コンクリート基礎工事やトンネル内の送排気管、産業用建物の集塵用ダクトなどさまざまな場所で活用されています。

スパイラルダクトの特長

スパイラルダクトは帯鋼をダクトにらせん状に巻くことで、強度と弾性を高めていることからダクトの管厚自体はそれほど厚くありません。そのため全体的な重量も比較的軽量で、その分、材料費、施工費などのコスト削減も可能です。

自由な設計が可能なこともスパイラルダクトの特長のひとつです。スパイラルダクトは基本的な長さは4mですが、使用するフープの長さに制限がありません。そのため輸送条件が許す限り自由な長さに製作することができます。また用途に応じて接手類、異形管の製作もできることで、現場での施工が楽で費用も抑えられます。

軽くて丈夫な反面、製作が難しい一面も

ここまでご説明してきたように、スパイラルダクトは軽量で強度もあり、施工費用も抑えられることから、さまざまな場所で活用されています。しかし難点がないわけではありません。それは溶接角ダクトに比べて製作が難しい点です。

ただし製作が難しいという点も逆に考えると大きなメリットになります。継ぎ目がない分、内面の仕上がりは滑らかで、角がない分、摩擦損失も少なく空気をよりスムーズに運ぶことが可能になります。ダクトが古くなりスパイラルダクトへの交換をご検討の際は、専門家までお問合せされることをおすすめします。

カテゴリ一覧

Service Column 対応エリア