ダクト工事コラム

保温ダクトとは?保温工事の重要性

ビルやマンションには欠かせない保温ダクト

保温ダクトという言葉をご存じでしょうか。ダクトを工事し保温ダクトにすれば「冷暖房効率が上がる」「結露予防ができる」など、さまざまな役割を果たしてくれます。こうした特徴から、特に人の多く集まるビルやマンションなどでは、保温工事は欠かせないものといえるでしょう。今回は、そんな保温ダクトについてご紹介します。

保温ダクトはなぜ必要?

一般的にマンションやビルなどで冷暖房を使用すると、冷気や暖気は長いダクトを通って各部屋へ運ばれていきます。しかし、保温効果のないダクトを使用している場合、部屋に空気が到着する前に「冷気が暖まる」「暖気が冷める」可能性があり、冷暖房効率が悪くなるのは確実です。冷暖房効率が悪くなれば光熱費の負担が増すため、速やかに改善しなければいけません。

また、保温ダクトにしていないビルなどで冬場に暖房を使用すると、ダクト表面に結露が発生し、以下のようなデメリットが発生する恐れがあります。

・室内にしみやカビが発生する
・湿度を好むダニが繁殖する
・柱や土台などを腐食させる

こうしたデメリットは、保温工事をすることで解消可能です。保温ダクトの導入は、光熱費削減という経済的なメリットがあるほか、建物の腐食を防ぎ安全性を高めるという見逃せない効果があります。

保温工事に欠かせない保温材の種類

ダクトの保温工事を行う際、重要になるのが保温(断熱)材です。保温材をダクトに使用することで、保温ダクトは完成します。保温材にはいくつか種類がありますが、代表的なのは「グラスウール」と「ロックウール」の二つです。

グラスウール

ダクトビート清掃法は、工場でよく使われるような大口径の換気ダクトを清掃する代表的な方法です。大型の掃除機のような機器を使い、ダクト内にあるほこりを吸引して取り除きます。比較的低コストで清掃することができますが、工場内を長く大きなホースで占領してしまうため、業務時間外に行う必要があります。

ロックウール

ロックウールは天然鉱石を原材料とする保温材です。不燃・防火性が高く、耐水性などにも優れているのが特徴ですが、一般的にグラスウールよりも価格は少し高くなります。そのため日本ではダクトまわりの保温工事において、基本的にグラスウールより優先して使われることは少ないですが、ダクトの場所などによってはロックウールの方が高い効果を発揮するケースもあります。製鉄時の副産物である高炉スラグや玄武岩などが使用されていることで、高性能グラスウールよりも不燃性・防火性に優れており、北欧などでは約130年以上にわたり使用されてきました。住宅の断熱材など、より防火・保温性能を求められる場合に使用されます。

このほかに、保温剤としてポリウレタンを原料とする「多孔性の合成ゴム」や「ウレタンフォーム」が使用される場合もあります。業者と相談し、保温工事を計画しているダクトにはどんな保温材が適切かを見極めていきましょう。また、ビルやマンションで保温工事を考えている場合、欠かせないのが「ラッキング」です。

ラッキング

グラスウールやロックウールは紫外線や衝撃に弱いという特徴があります。そのため、ビルやマンションなどの大規模な建築物では、これらの保温材を保護するため薄い金属でできた板状の材料を巻き付けます。これがラッキングです。ラッキングにより、ダクトは保温効果と耐候性を高めることができます。

定保温工事後は定期点検を忘れずに

現時点で保温ダクトを導入していないのであれば、経済的にも衛生的にも大きなメリットがあるため、早いうちに導入するのをおすすめします。注意点として、ラッキングをした場合は経年劣化による腐食が避けられません。大きなトラブルを防ぐためにも、保温工事後は必ず定期点検を行うようにしてください。

カテゴリ一覧

Service Column 対応エリア